賃貸アパートや賃貸マンションを所有されている大家さんにとって、入居者の募集は賃貸経営をされる上で重要な内容です。

今回は、入居募集から契約、入居までの流れを記載します。

入居募集

募集条件や契約条件等をご相談の上決定します。

物件の状況を確認させていただき、室内写真を撮影させていただき、物件の資料を作成します。

募集サイトへ掲載し、お客様の内見希望がありましたら、お部屋へのご案内を行います。

申込

お部屋を内見された方がお部屋を気に入っていただけましたら、入居申込の手続きをします。
大家さんへ申し込みがあった旨のご連絡をいたします。

入居審査

入居希望者が記載した入居申込書を元に、大家さんに内容を確認いただき、入居審査をしていただきます。

保証会社を必須の条件で募集されているお部屋の場合は、保証会社の審査申し込みをして、審査結果を待ちます。

契約

契約時には、入居者へ宅地建物取引士が重要事項の説明をいたします。
その後、貸主と借主双方の署名と押印がされた賃貸借契約書を交わしていただきます。

【参考】賃貸住宅の入居者のための保険「家財保険」の重要性

契約後~お部屋引渡しまでにやっておくこと

賃貸借契約が完了したら、退去時のトラブルを回避するために、お部屋の確認を行います。

貸主と借主でお部屋の点検を行い、傷や損傷がある場合には、写真を撮るなど、記録をとっておきましょう。

また、借主に気持ちよく入居してもらうために、お部屋の清掃をしておきましょう。

まとめ

今回は、入居募集から契約までの流れをご紹介しました。

株式会社Reホームサービスは、賃貸アパートや賃貸マンションを保有されている大家さんへのサポートとして、原状回復工事、ハウスクリーニングだけではなく、入居者募集や内見対応、賃貸借契約も承っております。

お部屋は自主管理して、募集だけ不動産業者へ依頼したいといったニーズにもお応えいたします。

お気軽にお問い合わせ下さい。