賃貸物件の和室を洋室にリフォーム 費用や期間の目安は?

賃貸マンションやアパートで和室の間取りのお部屋を洋室へリフォームしたいとご相談をいただくことがあります。

そこで今回は、賃貸物件の和室の部屋を洋室へリフォームする場合の費用や期間の目安をご紹介します。

和室を洋室にリフォームするメリットは?

和室を洋室にリフォームするメリットは何でしょうか。
最近では、生活習慣が変化してきていて、布団ではなくベッドで寝るという方も増えてきています。
そのため、お部屋を探す際に最初からベッドを置きやすい和室でなく洋室のお部屋を探す傾向もあるようです。

そのため、入居者に選ばれやすいお部屋にするために、和室を洋室へリフォームするケースが増えています。

メリット

・入居者に選ばれやすいお部屋になる

・メンテナンスがしやすい

デメリット

・費用がかかる

・音のトラブルの相談が増える可能性がある

和室を洋室にリフォームするにはどのような工事が必要になるの?

それでは、実際に和室を洋室にリフォームするにはどのような工事が必要になるのでしょうか。

床工事

和室を洋室に変更するには、畳を撤去して床工事が必要となります。床の仕上げ素材としては、フローリング、クッションフロア、フロアタイル等があります。

他に洋室がある場合はその部屋のフローリングの色と併せてフローリングにするか、賃貸マンションやアパートの床材で選択されることの多いクッション性のあるクッションフロア等、目的や予算に応じて検討します。

クロス工事

和室を洋室に変更するに伴い、クロス貼り替えも行います。

入口ドアの変更 ふすまを洋風引き戸へ、一部クロス工事施工等

和室の場合、ふすまが設置されていることが多いです。
この場合、ふすまのままだと和室のイメージが残ってしまいますので、洋風の引き戸に変更したり、一部クロス施工を行います。

押入れをクローゼットに

和室には収納として押入れがあることが多くあります。洋室に変更することで、押入れをクローゼットや収納スペースに変更します。

中段を撤去し、ハンガーパイプを取り付けます。

和室を洋室にリフォームするにはどのくらい費用がかかる?

和室を洋室にリフォームするにはどのくらい費用がかかるのでしょうか。

費用の目安ですが、6帖のお部屋で9~18万円程、8帖のお部屋で10~20万円程がかかります。

なお、和室を洋室へ変更する際には、床の下地処理や畳の処分費が必要となります。

また、押入れをクローゼットに変更する場合は、別途費用が必要となります。

和室を洋室にリフォームにかかる期間はどのくらい?

和室を洋室にリフォームする工事にかかる期間としては、6帖の部屋でおおよそ3~5日程かかります。

まとめ

今回は、賃貸物件で和室を洋室にリフォームするのにかかる期間と費用についてをご紹介しました。

株式会社Reホームサービスは、賃貸アパートや賃貸マンションの退去に伴うリフォーム工事やハウスクリーニングも承っております。

お気軽にお問い合わせ下さい。